Menu

補修

Home
代替画像
最初に現場の検証を行い現在の外壁の状態を確認します。
その後、適切なプランをご提案いたします。
・サイディング壁 ・モルタル壁 ・ACL壁 ・コンクリート壁 ・トタン壁
『サイディング壁の補修』

STEP1 コーキング

代替画像

『ボードの継ぎ目のシーリングの劣化』

サイディングの傷みとはボードとボードの継ぎ目の「シーリング」の劣化がほとんどです。ここから内部に雨水が入り内部を腐敗させる原因となります。

紫外線が強く当たる方角の外壁のほうがつよく痛む 傾向がみられます。 劣化によりシールそのものが痩せてくる「肉やせ」や接着剤不足による「はく離」などがあります。

こういった症状の場合には『コーキング』での補修となります。コーキングは、水密や気密を目的としていて、経年劣化でできたひび割れなどを埋めるたりすることに使われます。外壁のひび割れや破損の状態によりコーキングの種類も異なります。

STEP2 塗替え・コーティング

代替画像

『チョーキング・ひび・他』

使われている素材や環境により多少の違いがありますが一般的には最低10年に一度の塗替えを目安としております。特に窯業系サイディングなどは塗装面がはがれ落ちると防水性が失われてしまい、内部の部材の腐植の原因となり、建物自体の劣化のスピードが一気に上がります。。また紫外線が強く当たる方の外壁は他の場所に比べ劣化が早いので注意しましょう。

チョーキング(白亜化)、塗膜の浮きやはがれ、シーリングのひび割れが確認できたら塗替え時期と言えます。概ね塗装後は元の色を塗りつぶすので一色になってしまいますが現在の模様をそのまま残したい方にはクリアー塗装をおすすめしております。

STEP3 張替え

代替画像

『ボードの破損・ひびや亀裂が多い』

サイディング本体に部分的な亀裂、欠け、ひび、色あせ等が見られたら、張替えを行うことをおすすめします。このひびの部分に水分が吸収され体積が増し、ボードが破裂するケースもございます。こういったひびや亀裂が多くみられるようでしたら原因を詳しく検証し、張替えをご検討する必要があるかもしれません。

デザインを一新したい方も張替えになります。

『モルタル壁の補修』

TYPE1 洗浄・塗装

代替画像

『カビや苔の発生』

モルタル壁は吸水性が高く北面などの日当たりが悪い場所ではカビや苔が発生しやすくなります。大抵の場合は、壁の防水効果がなくなってきている兆候ですので、防水効果の高い塗料で塗り替える必要があります。

TYPE2 洗浄・塗装

代替画像

『チョーキング』

手で壁をこすると、白っぽい粉がつきます。これは表面の塗装膜の防水性能がなくなってきた兆候です。この場合もカビや苔と同様に洗浄と塗装が主な補修となります。

TYPE3 下地の補修から

代替画像

『塗装膜の剥がれ・ひび』

塗料の付着力が弱まり、下地の状態から完全に剥がれた状態になりますと かなり末期の状態と言っても過言ではありません。 この場合下地の補修からで済めば良いのですが内部に浸水し 家の耐久力が落ちている可能性もございます。早めの処置が必要です。

『ALC壁の補修』

STEP1 強化と塗装

代替画像

『塗膜の劣化による軽微なパネルのひびと錆』

ALCパネルは軽量コンクリートであり経年劣化の観点からも優れた安定性をもっておりますが、適切設計・施工されていてもパネル自体の劣化により軽微なひび割れを起こすことももちろんあります。構造全体の問題も確認した上で軽微な『塗膜の劣化による軽微なパネルのひびと錆』と判断できた場合は、最初にALC改修専用除錆・防錆剤を塗布。その後、パネル表層強化と塗装材で補修します。サイディング壁同様にチョーキング、シーリングの劣化、カビ、塗膜の剥がれ等が見つかった時には一度ご相談ください。

STEP2 パネルの張替え

代替画像

『パネルの劣化・ひびが補修レベルを超えた場合』

クラックが大きくから内部に浸水、補修レベルを超えて、さらにパネルの強度そのものが補修以下に落ちたと判断された時には、パネル撤去及び下地鋼材補強、新規パネル取付する必要があります。

『コンクリート壁の補修』

TYPE1 汚れの洗浄と塗装

代替画像

『汚れ』

質感や経年劣化という意味では魅力的なコンクリート壁ですが、一方で防水性能が低く雨水が浸水し黒ずんできますので定期的なメンテナンスが必要になります。高圧洗浄を施し、その後外壁を保護するコーティングをします。ここでも親水式などのコーティングをすると水の流れが綺麗になり、水垢がつきにくい外壁に改善することができます。

TYPE2 ひびの要因と修復

代替画像

『ひび』

コンクリート壁は時間と共に乾燥収縮します。これによってほとんどのコンクリート壁にはひびが入ります。ひびの入り方により大方の予想はできますが最初にどういった経緯でひびが入ったのかを丁寧に検証します。問題が内部構造ではなく外部要因の場合には弾性樹脂や接着剤を注入し修復します。

『トタン・板張り壁の補修』

TYPE1 錆や腐食対策の塗替え

代替画像

『錆や腐食対策の塗替え』

外壁のトタン張りは、錆、浮き、色あせがあります。板張りの需要は少なくなりましたが にこまめに五年毎に塗替えをし、反りや腐食にも対策する必要があります。

Back

Menu