Menu

外壁

Home
代替画像

サイディング壁

代替画像

板状のパネル壁材で、合成樹脂形・金属系・窯業系などの種類があります。 施工に手間がかからず工期が短く、コストが安いなどの理由から、ハウスメーカー等の標準仕様になり、今日では多くの住宅で使用されています。

『樹脂系サイディング』
  • 代替画像

    衝撃に強く、錆びない。

    水を吸わないので、凍結によるひび割れや破損の心配がない。

    撥水性が高く、毛細管現象による雨水のしみ込みがない。

    コーキングをほとんど省略できる点も、耐久性やメンテナンスの点でも長所といえる。

    非常に軽量で施工性が高く、工期が短い。

  • 代替画像

    遮音性が低い。

    防火性能のある下地を追加する必要がある。

    紫外線に弱く劣化する。(劣化防止剤を含んでいても元々が劣化しやすい材質です。)

    ベースが樹脂製なので、質感が乏しく、種類は豊富だがデザインの調整は利かない。


     

『金属系サイディング』
  • 代替画像

    裏面に断熱材を充填したタイプが多く、断熱性能が高い。

    種類によって耐久性が異なりますが、比較的安価なカルバリウム鋼板はかなり耐久性が高い。

    吸水して劣化することが少ないので、凍害や膨れの心配がほとんどない。

    金属自体が紫外線にも強く。ほとんど劣化しない。

    軽量で工事がしやすいく地震に強い。物が当たっても割れにくい。

    色々な形に成型しやすく、デザインの多様性もある。

  • 代替画像

    金属板が薄いので、錆びや腐食し始めると、穴が開くこともある。(酸性雨や塩害など、金属が腐食してしまう環境では腐食し難いガルバリウム鋼板等の製品を選択すると良い。)

    物が当たると変形しやすい。

    塗装が傷ついたり、傷が目立ちやすい。

    金属面の温度変化が激しいために断熱部分は、劣化しやすいく、剥がれ落ちたりすると断熱性能が一気に低下してしまう。

    表面仕上の塗装が剥がれやすいく耐久性は高くない為、金属板以外の部分の耐久性で、メンテナンスの周期が決まってしまう。
     

『窯業系サイディング』
  • 代替画像

    安定した強度を持ってる。

    適度な防火性能と遮音性能を持っている。

    比較的ローコストの材料です。

    モルタル壁の半分くらいの重さで、耐震性でも若干有利。

    日光に強く表面温度が上がりにくいので、輻射熱の面で有利です。

    造形が自由でデザインのバリエーションが豊富。

    工事がしやすく工期が短い。

  • 代替画像

    水に弱く塗装の劣化や傷などにより表面の防水性能がなくなると、板部分の劣化が急速に進む。

    水を含むと、膨れたり変形することがある。

    定期的継ぎ目にシーリングが必要です。

    質感が大きく劣る場合もるので実物サンプルでの検討が必要。
     
     
     
     
     
     

モルタル壁

代替画像

どんな形状にも適合できるユーティリティー性と見た目の綺麗さからかつては日本住宅の外壁材として広く使用されていた。施工日数と高コスト、亀裂が入りやすいという特製からモルタル壁を採用するのは減少傾向にある。

『モルタル』
  • 代替画像

    デザインが自由。

    どんな形状にも適合できる。

    つなぎ目が綺麗。
     

  • 代替画像

    必ずクラックするのでこまめなメンテナンスが必要。

    職人の腕により浸水具合が変わる。

    塗料が防水の代わりとなる。

タイル壁

代替画像

外壁用タイル自体の経年劣化はほとんどなく、耐候性に優れ、メンテナンスも比較的容易で、仕上がりが美しいことから、公共建築物やマンションなどで広く使用されている。

『タイル』
  • 代替画像

    質感そのままなので高級感が出やすい。

    サイディングに比べて汚れが付きにくい。

    耐候性に優れ、メンテナンスも比較的容易。

    色の組み合わせが容易でデザインの自由度が高い。

  • 代替画像

    施工費が高い。

    かなりの重量になるため、下地の補強等をする必要がある。

    貼り付け箇所の剥離、落下事故が起こることがある。
     

石壁

代替画像

外壁用タイル自体の経年劣化はほとんどなく、耐候性に優れ、メンテナンスも比較的容易で、仕上がりが美しいことから、公共建築物やマンションなどで広く使用されている。

『石』
  • 代替画像

    高級感が出やすい。

    気密性が高く、断熱効果が高い。

    遮音効果が高い。

    水による腐食が無い。

    火や風に強い。

  • 代替画像

    施工費が高くつく。

    かなりの重量になるため、下地の補強等をする必要がある。

    カビや苔が発生する。

     
     

●親水性コーティング●

現在では様々なコーティング材が開発/使用されておりますがこの『親水性コーティング』はなかなかの優れもので、おすすめさせていただいております。表面の雨水が、付着した汚れの下に均一に入り込み、外壁の汚れを洗い流すセルフクリーン効果があります。つまり水垢等が残らない優れものなのです。また、静電気による汚れの付着も抑制してくれます。さらにコーティングした後が乾いた後はまるで残らないので下地の色をそのまま生かすことが可能です。おすすめの一品です。

Back

Menu